ディーラーで購入できるレーシングカー!M2SCレーシング

「駆けぬける歓び」をキャッチフレーズとして走りにこだわるBMW。 DTM(ドイツツーリングカー選手権)やスーパー耐久24時間といったレースに積極的に参加していることはよく知られています。 ただこれまでは一般の方が競技用のBMWを買ってレースに出場することは非常にハードルの高いものでした。 なぜなら公道を走ることができないレース用のマシンは、一般では購入することが難しかったからです。
しかし2021年、正式輸入されたサーキット専用マシンを購入することが可能となりました。 それが「M2CSレーシング」です。 今回はこのM2CSレーシングについて、くわしくお伝えしてまいります。

今まではモータースポーツ用車両は一般購入できなかった

現在DTMに参戦している「M4 GT3」などのレース専用マシンは「BMW Motorsport」という組織が開発しています。このBMW MotorsportはMモデルを開発・販売する「BMW M社」とは別の組織。モータースポーツ用の車両を開発するのが専門で「販売部門」は持っていません。そのためBMW Motorsportが開発したレース専用マシンは一般には購入できなかったのです。しかし今回、レースの門戸を一般の方にも開き、レース活動の裾野を拡げていくためBMW MotorsportとBMW M社がタッグを組み、一般でも購入できるレーシングマシンを開発しました。それが「M2CSレーシング」です。

M2CSレーシングが購入できる唯一のディーラーが誕生

ただ一般の方にM2CSレーシングを販売するのには問題がありました。それはこれまで市販されていた通常のBMW車とはあまりにも違い(例えばM2CSレーシングはナンバーを取得できないため公道を走行することはできません)、販売、そして特にサービスについてこれまでとは全く別のスキルが要求されたからです。そこでインポーターであるBMWジャパンは世界基準の要件を満たす『BMW Mモータースポーツ・ディーラー』を日本全国のBMW正規ディーラーから選抜することにしました。
その結果、日本で、そしてアジアで初めてのBMW Mモータースポーツ・ディーラーに「モトーレン東都」が選ばれたのです。
2021年現在、M2CSレーシングを購入し、サービスを受けられる唯一のディーラーはモトーレン東都ということになります。

BMW初の市販レーシングマシン、M2CSレーシングとはどのようなマシンなのでしょうか?

サーキット専用の「入門」モデル

M2CSレーシングはメーカーやインポーターではなく、一般のユーザーが車両を購入してレースに参戦する、いわゆる「カスタマーレーシング」向けのサーキット専用マシンです。市販モデルをベースに開発することにより価格を抑え、一般のユーザーにも購入しやすくした「入門」モデルといった位置づけになっています。

M2CSがベース

M2CSレーシングのベースとなっているのは日本でも限定60台が販売されたM2CSです。内装などは取り払われ、ロールゲージが組み込まれた車内は紛れもないレーシングマシン!軽量化を図りつつも、カーボンパーツをプラスチック製に置き換えるなどして「コスト削減」も同時におこなっているのが大きな特徴です。

参戦するレースに応じて最大出力を変更できる

エンジンもM2CSの3.0Lツインパワー・ターボエンジンをベースにしていますが、面白いのは参戦するレースのレギュレーションに応じて最大出力を変更できるようになっていること。

  • ベース・バージョン・・・280ps~365ps
  • 450psバージョン・・・280ps~450ps

という出力可変式で、USBメモリに入ったデータによってエンジンの制御プログラムを書き換えるようになっています。

ブレーキやダンパーもモータースポーツ用に強化

足回りや駆動系もモータースポーツ用に強化されており、ZFザックス製のモータースポーツ向けダンパーを始め、専用に作られたドライブシャフトや個別の冷却システムを備えた機械式LSDを標準装備。またABSやDSCといったドライバーをアシストするシステムもレース用に調整されています。

M2CSレーシングを購入した一般ユーザーやレーサーを目指す方の登竜門として、M2CSレーシングのワンメイク・レース(同一車種・同一レギュレーションで戦うレース)が用意される他、国内のスーパーGTなどへの参加も予定されています。

スーパー耐久24時間レースで国内公式デビュー

海外ではドイツ・ニュルブルクリンクで行われた「BMW M2 CSレーシングカップNLS」や「BMW M2 CSレーシングカップイタリア」で実戦デビューしたM2CSレーシング。国内ではBMW Team Studieによりスーパー耐久24時間レースでデビューをはたしました。

DTMのサポート・レースとして「BMW M2カップ」が2021年からスタート

地元ドイツではDTMのサポート・レースとして「BMW M2カップ」がスタートし、才能ある若手ドライバーの発掘、育成の場とします。将来DTMのドライバーを目指す若手たちはDTMのチーム・スタッフの目の前でその活躍を披露することができ、またそれをリーズナブルな費用で実現することが可能になるのです。

ちなみにM2 CS Racingの価格は

  • ベース・バージョン・・・1499万円
  • 450psバージョン・・・1799万円

という設定で、一般的な感覚では安くはないですが、レース車両としては「破格」の低価格での提供となっています。いずれにせよこれまでは個人で購入するすべのなかったレーシングマシンが正規ディーラーであるモトーレン東都で購入できるようになりました。レーサーを目指す若い方や、休日レーサーを目指す方にとっては朗報なのではないでしょうか。